『Airbnb(エアビーエンビー)』を使って家族で快適な沖縄旅行を

この夏、久しぶりに長期休暇らしい休暇をとって、2歳の息子、妻、父、母の5名で沖縄旅行へ行った。

私の実家の青森から父と母を東京に呼び寄せてからの移動だったため、2人には長旅を強いることになってしまったが、結婚30週年、30年前に新婚旅行で行ったきりの沖縄とあって二人共とても喜んでくれたようだった。

本来バックパックが好きな僕のスタイルとは一転して、今回はチビと老夫婦を連れての旅行。それだけに企画段階で以下の様なことにとても気を使った。

  1. 2歳児がストレス無く旅中を楽しめること
  2. 50〜60代の両親の体力
  3. ビーチの綺麗な沖縄中部、沖縄北部に位置する最大のエンタメ「美ら海水族館」を両取りできる宿泊立地
  4. チビが落下しないようにダブル以上のベッドか、布団で睡眠がとれる宿泊施設
  5. 3泊4日と比較的長旅のため、できれば外食だけでなく何度か自炊を差し込みたい
  6. (せっかくの夏の沖縄なので)ビーチや海を満喫したい
  7. 全員でシュノーケルしたい!アクティビティで3世代の満足度を高めるにはどうしたら良いか

これだけの要望をすべて満たそうと思った場合、宿泊がボトルネック になる。立地の良い5人が宿泊できる場所を素直に探すと一泊3万円/人はザラだ。

そこで僕は宿泊をAirbnbで予約し、宿泊地をベースに旅行全体をアレンジすることにした。結論から言うと大正解だった。上記の要望はもれなくすべて満たすことができたし、また沖縄へ家族旅行を敢行する際には必ずAirbnbを使用したい。

この記事は

という内容について、普段僕のブログを読んでくれているテクノロジー層とは違う一般の方へ向けて書いてみたいと思う。

title

1 / 一般ユーザーが運営する民泊マーケットプレイス『Airbnb』


テクノロジー業界にいながら『Airbnb』を知らない人は居ないと言っても過言ではないが、本記事の想定読者は一般の旅行検討者であるため、少し説明を入れたいと思う。

Airbnbについて公式サイトによると、

Airbnb(「エアビーアンドビー」2008年8月創業、本社・カリフォルニア州サンフランシスコ)は、世界中のユニークな宿泊施設をネットや携帯やタブレットで掲載・発見・予約できる信頼性の高いコミュニティー・マーケットプレイスです。

と記されている。

もう少し噛み砕いて説明すると、以下のとおりだ。

この民泊マーケットプレイスとも言える仕組みは規制グレーゾーンの領域が多い。また、

などといったトラブルも多数報告されている。そのため特に日本の都市部においてはまだまだ敬遠されがちな風潮があるものの、世界で確実にそのサービスは伸び続けている。

2 / 時価総額3兆円を視野に入れる、テクノロジー業界第3位の”ユニコーン”

ではAirbnbは世界でどのくらい使われていて、どのくらい大きな企業なのだろうか。

スタートアップという目線でAirbnbを見ると、Airbnbは世界3位のユニコーン企業(非上場かつ、企業価値1,000億円以上)として現在大注目を浴びている。

先日のBloombergの報道によると彼らはシリーズFのファイナンスを模索しており、その際に希望している企業価値は$300B(3兆円!!)とも言われている。

Home-sharing company Airbnb Inc. is raising money at a $30 billion valuation, a person familiar with the matter said.

http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-06-28/airbnb-seeks-new-funding-at-30-billion-valuation

時価総額3兆円というのがどういう規模か想像がつかないと思うが、日系企業で言うと三菱商事や任天堂など(2016/8/15時点)が「時価総額3兆クラブ」にあたる。

誰でもその名を知るような一流企業であり、日本のTOP25位に入る。例えば三菱商事はゆうに100年以上の歴史を持つ日本を代表する企業であり、2007年に創業したばかりのAirbnbが肩を並べるところまできている、ということには驚きを隠せない。

またAirbnbは昨2015年夏の時点で80万泊/日を視野に入れていると公言しており、おそらく今年の夏には100万泊/日の大台を突破していることだろう。

Over 500k people are staying in an Airbnb tonight. And the company hopes to have nearly 800k staying in one by this summer.

https://techcrunch.com/2015/05/27/airbnb-hopes-to-have-almost-a-million-stays-a-night-by-summer

毎日100万泊ものステイを生み出すAirbnb。企業価値の高さは、「旅の在り方」を変えつつある企業として妥当という見方も多い。注目のテック企業なのだ。

3 / 日本において最も人気のエリアは”沖縄”

日本においてAirbnbはどの程度普及しているのだろうか。

日々Airbnbのwebサイトをクローリングすることでデータ収集・分析する『BnB Insight』が2016/4に発表したデータによると、

注 非公式、2019年時点では閉鎖されていた。ため、執筆時点で筆者が参照した情報になる。

ただしこれはあくまで物件の登録数の話である。実際にAirbnb物件に宿泊したゲストの満足度が高い地域はどこなのだろうか。

Airbnb本営は、「利用者が最も訪れたいエリア」に世界中の並み居る大都市やリゾート地を抑えて、沖縄が人気ランキング2位にランクインしたと報じた

世界最大手のウェブサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」が15日、利用者に人気の高い地域ランキングを発表した。日本からは沖縄が2位、京都が7位だった。1位はカリブ海に面するベリーズシティ、3位が米国ジョージア州サバンナ。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/22785

実際にAirbnb上で沖縄の物件を検索してみると、貸し切りコテージから那覇市内のマンションの一室まで、地域も南北東西にまんべんなく広がっており、非常に選択に多様性があり、そして魅力的に映る。

沖縄県でのリスティング検索結果画面
沖縄県でのリスティング検索結果画面

また沖縄県那覇市内にはこういったAirbnbにて旅をする中国人や韓国人向けの対応をする企業も幾つかある。本来はホストとゲストが直接やり取りするサービス設計ではあるが、こういった地元企業が間に入り、翻訳業務や信用評価を代行するニーズが存在することの現れだろう。

僕の旅中にも1ヶ所訪ねてみたのだが、多くの韓国・中国人でカウンターは賑わっており、インバウンドニーズを取り込むことに成功しているように感じられた。

4 / 恩納村のビーチリゾートに臨む一軒家

さて、Airbnbがどんなサービスか説明したところで、今回の旅行について記してみたい。冒頭で挙げた多数の要件を満たす物件として、沖縄県中部の恩納村にある一軒家をお借りした。


日本での規制強化により2019年5月時点でリスティングは休止中らしい。悲しい。

この物件を選んだ理由と良かったところを紹介してみよう。

(a) 身動きが取りやすい立地

今回の旅行でどうしても外せなかった要件は2つ。

  1. チビが耐えられる移動スケジュール
  2. 美ら海水族館

そのため那覇空港、そしてそこから最も遠い目的地である美ら海水族館のそれぞれから遠すぎない位置に宿泊施設を確保する必要があった。

以下のマップから分かる通り、今回選んだ宿泊施設はそれぞれから車で1時間とちょうど中間地点に位置しており、また嬉しいことにきれいなビーチやシュノーケルスポットが非常に近かったため、旅のプランを膨らませることができた。

恩納村南部にある宿泊地
恩納村南部にある宿泊地

この付近は「シェラトン」「ANAインターコンチネンタル」などのプライベートビーチ付き高級リゾートホテルが立ち並ぶエリアでもあり、ほぼ同じような立地に圧倒的な手軽さとコストパフォーマンスで宿をとれたことはラッキーとしか言いようが無い😊

(b) 一軒家である

特に小さな子連れの旅行はどうしてもケアすべき事が多い。さらに今回は僕の両親も一緒だったため

などといった点に気を配る必要があった。こういった懸念は「一軒家をまるごと借りる」ということですべて杞憂に終わった。

お借りした物件を簡単に見ていくと…

一軒家なので、チビが泣いても叫んでも気にならない
一軒家なので、チビが泣いても叫んでも気にならない

広大なリビングそのものが格好の遊び場に、父母もくつろげた様子
広大なリビングそのものが格好の遊び場に、父母もくつろげた様子

ハンモック付き。チビが大変喜んでいた
ハンモック付き。チビが大変喜んでいた

バルコニーからビーチが望める。夕方にはサンセットもバッチリ!
バルコニーからビーチが望める。夕方にはサンセットもバッチリ!

ベッドルームが4つにベッドが全部で7つ。使いきれません。
ベッドルームが4つにベッドが全部で7つ。使いきれません。

その他座敷に布団も。息子がベッドから落ちるという心配も無用
その他座敷に布団も。息子がベッドから落ちるという心配も無用

キッチン完備、全3回ここで自炊したので栄養補給もバッチリ
キッチン完備、全3回ここで自炊したので栄養補給もバッチリ

と、5人では持て余すほどの大豪邸だった。

2016/7に登録されたばかりの物件であり、2016/08/16現在、僕が3人目の利用者だったようだ。満足したその思いの丈をちゃんとレビューしておきました。

旅中のコミュニケーションも即レスで大変助かりました
旅中のコミュニケーションも即レスで大変助かりました

© 周辺の名物スポット充実

立地の良さと被りがあるのだが、数km圏内だけでも名物スポットが多く非常に楽しめた。

シュノーケルスポット『青の洞窟』

僕と妻はもともとダイバーだということもあり、息子や海でのアクティビティに慣れない両親と一緒に何かできればと探していた。

宿泊地近隣には『青の洞窟』というシュノーケリングスポットがあり、またチビ(2歳児)や初心者の両親も受け入れてくれるショップ『シーフリー』があったため、3世代でのシュノーケルにチャレンジができた。

親子3代でウェットスーツ
親子3代でウェットスーツ

なかゆくい市場 おんなの駅

こちら記事を見つけて行ってみたのだが、テビチの唐揚げやフルーツ満載のかき氷など、外食ではここが一番満足度が高かった。

赤いドラゴンフルーツは、程良い甘さに煮詰めた自家製。
赤いドラゴンフルーツは、程良い甘さに煮詰めた自家製。

御菓子御殿

おみやげ『紅いもタルト』で有名な御菓子御殿の工場ライン併設の支店が恩納村にある。まさにタルトが製造される様子が見学できたり、併設のカフェでビーチに臨みながらくつろげたりと、ゆうに2時間は過ごせる。

おみやげ『紅いもタルト』の工場併設の恩納店
おみやげ『紅いもタルト』の工場併設の恩納店

この他、県内随一の綺麗なビーチが点在するなど南国・沖縄らしさを満喫エリアだったと思う。

(d) コスト・パフォーマンス

僕が宿泊した際は一人あたり一泊およそ¥5,000と脅威の価格だった。真夏の沖縄ということもあり、周辺のリゾートホテルが¥20,000~30,000/人 付近まで高騰する中、圧倒的なコストパフォーマンスと言わざるをえない。

この物件に限ったことでなく、Airbnbは旅行者に優しいプライシングであることが多い。

5 / Airbnbを使ってみよう

以上、Airbnbというサービスの概要から、家族旅行で使ってみたレビューをまとめてみました。コストや体験など、トータルで非常に満足度が高い旅行をアレンジできて、このサービスのポテンシャルをひしひしと感じた。Airbnbへ未登録の方は以下のリンクから登録すると相互に¥3,500分のクーポンがGetできます。本記事を通じて関心を持たれた方はぜひ利用してみてはいかがでしょう。

https://www.airbnb.jp/c/myamoto?currency=JPY


本稿が参考になった方はコメント&Kyash投げ銭をお待ちしております。記事へのフィードバックとして糧にします。なお、Kyashは常用していて応援しているプロダクトです。

kyash_qr