サーバレス・KPI分析ダッシュボードをGAS + Slackで

データはコミュニケーションツールである。

webサービスではGoogle Analyticsや、Big Query、その他数多くのデータ集計ツール上に集積しているログを都度取り出し、分析を行うことは一般的だ。特にプロダクトマネージャーはこれらのデータを加工し、コミュニケーション・ツールとして『良い塩梅に』使用することが求められる。しかしながらデータをチームに共有したり、毎日目に触れるようにするカロリーはいまだに高い。

Google AnalyticsやBig Queryからログを収集し・加工し、chartを作成、その上でchartをチームのコミュニケーションの場である「Slack」へポストする、ということを日常的に行っているわけだが、

そこで、集計・分析・チャート作成・Slack共有までをノンストップで定期処理する仕組みをGSheet + Google Apps Scriptで構築した。もちろんサーバレス・無料である。

完成形のイメージです。自動で最新のKPIチャートをSlackへ定期ポストし、Slackをダッシュボード化します

事前準備

処理の流れ

以下のような手順で処理を実施する。

※Google Apps Scriptを用いて1, 3, 4の工程を自動化する。

工程1 / Big Query(or Google Analytics) -> GSheetへ数字を更新する

例えば、

BigQueryを簡単にグラフにするGoogle Apps Script : TORETA(トレタ) ブログ

詳細は記事に預けるが、たったの2ステップでBig QueryからGSheetへのデータ更新を自動化できる。

記事を参考にGSheetを用意。Queriesというシートを作成し、シート名, クエリ, タイトルを記入する。

記入例

Google Apps Scriptを作成する。 - Google SpreadsheetからBigQueryを呼び出すスクリプト · GitHub - Big QueryのprojectIdを調べておく - GASおよびGCPのBigquery APIをEnableにしておく。

工程2 / GSheet上で任意の示唆を取り出すために、chartを作成する

GASのrunAllQueriesを実行すると、シートに記載されているSQLクエリが全て実行され、結果が各シートへ更新される。このデータを使ってchartを一度創っておくと、あとはデータが更新される度、chartの内容も最新状態に更新される。chart内のマージンや、色、データラベルの有無なども反映されるため、見やすいように始めに作り込んでおくと良い。

チャート例 ちなみに個人的には1枚のchartで多くの情報が得られるものが好き。サンプルのような多軸グラフや、バブルチャート、モンドリアンチャートがいい味を出してくれる。

工程3 / chartをSlackの特定のチャネルへポストする

GASで作ったグラフをSlackに投稿する - Qiita

この記事を参考に作成した。この工程は「chartを画像化する」「Slackへ画像をポストする」という2つに分けられる。

実は「chartを画像化する」という機能を結構長い期間諦めていたのだが、Google Apps ScriptのSheet Classがデフォルトで持つgetChartsを使用することでいとも簡単にクリアできた。2つのchartを取得し、Slackへ送るケースでのサンプルコードを掲載しておく。

var slack = {
  postUrl : 'https://slack.com/api/files.upload',
  token : "xoxp-hogehoge",// Slackのtoken
  channelId : "blog" //投稿したいSlackのチャネル名
}
var uploadFile = function(data){
  UrlFetchApp.fetch(slack["postUrl"], {
    "method" : "post",
    "payload" : {
      token: slack["token"],
      file: data,
      channels: slack["channelId"]
    }
  });
}
/* 1. UU&PVを投稿 */
function postSlack_PVperUU() {
  var sheet = SpreadsheetApp.openById("hoge").getSheetByName("test");
  var chart = sheet.getCharts()[0];
  uploadFile(chart.getAs("image/png").setName("PV&UU.png"));
}
/* 2. Channel別UUを投稿 */
function postSlack_Channel() {
  var sheet = SpreadsheetApp.openById("hoge").getSheetByName("Channel");
  var chart = sheet.getCharts()[0];
  uploadFile(chart.getAs("image/png").setName("Channel.png"));
}

補足

1~3を束ねてトリガーを設定するクエリの実行からchartをSlackへポストするところまでを一気通貫で実行できるよう、各functionを束ねよう。以下ではdoAllというfunctionで全て実行できるようにしてある。

/* GSheetのクエリを全て実行し、全chartをSlackへ投稿 */
function doAll(){
  runAllQueries(),
  postSlack_PVperUU(),
  postSlack_Channel()
}

あとはGoogle Apps Scriptのリソース > 現状のプロジェクトのトリガー よりdoAllを毎日定時に実行するよう設定することで、自動化完了。

出社の前後あたりに設定するとスマホで確認が完結し、大幅に生産性をUPできたりする。

さいごに

この一連のすごいところは、『GSheetを介すことができればあらゆるチャートをSlack上で可視化できる』という点にある。

僕は妻とのメッセージも全てSlackに集約しているが、昨今流行するIoTなどのサービスからGSheetへ連携することができれば、以下のような体験も全て自動化することができるはずだ。

…あまりいい例が思い浮かばなかったが、もう少しいい感じにHackできるよ、というアドバイスが有ればぜひお待ちしております。


本稿が参考になった方はコメント&Kyash投げ銭をお待ちしております。記事へのフィードバックとして糧にします。なお、Kyashは常用していて応援しているプロダクトです。

kyash_link
kyash_link