10Xなプロダクトを創る

2019年5月14日、プレスリリース及びいくつかのメディアに取材いただき、10X社としてのアップデートをアナウンスした。

真のオープンさ、とは

「真のオープンさ」とは何かについて考えた。

リスクの切り分けとテスト文化

プロダクトが「狙った人の課題ををちゃんと解決できているのか」を確認するためにテスト(実験)する、ということを大事にしている。そしてテスト自体が自分だけではなく10Xという会社のカルチャーにもなりつつあると感じている。

#愛するということ

私の2019年は、衝突と強烈な自己反省から始まった。あるきっかけから「愛に対する誤解・未熟さ」を突きつけられ、これまでを省み、名著「愛するということ」を貪るように読んだ。恥ずかしいことに、これからの人生をかけて自分を変えていきたいという気持ちでこの文章を書いている。

真のプロダクトマーケットフィット(翻訳)

この記事はシリコンバレーの著名なスタートアップ・アクセラレーターであるY Combinatorが2016/6/27に投稿した「The Real Product Market Fit By Michael Seibel 」の翻訳記事だ。

Sensoring is Day One.

「スマホから変わる世界(前編) | (後編)」という未来へ深い洞察が込められた檄文に感化された僕も自分なりに「未来はどこへ向かうか」を考え文字に

スループット最大化を中心とした評価設計を考える

2018年、10X社は少しずつ人を増やしながらチームを構築してきた。現在はフルタイムで5名という陣容で、数名の内定者がいる。1年前と比較する

未来に生き、欠けているものを創る

最近は長期的な未来を描き、方針を決めることに長い時間を投じてきた。やっと一つのストーリーが浮かび、今はどうExecutionするか、プロダクトの世界に戻ってきた。更に一段の覚悟を決めたこともある。

制約と誓約

可能性の探り方、すごく難しいなと思っている。仕事にしろ勉強にしろ、10代にしろ40代にしろ

行動指針を言語化する3冊

会社を創業以来、いわゆる組織の「ビジョン・ミッション・バリュー」のようなステートメントを考えたり、話す機会を何度か持ったのだが、あまりピンとくる言語化ができていない。