日本では1970年代より自動車が普及し始め、トラフィックの集まる場所が市街地からロードサイドへと変遷。ロードサイドを制したスーパーや専門店、コンビニが小売の覇者となった(参考)。

日本では1970年代より自動車が普及し始め、トラフィックの集まる場所が市街地からロードサイドへと変遷。ロードサイドを制したスーパーや専門店、コンビニが小売の覇者となった(参考)。